ドローン空撮に役立つ情報をお届けします。  

ドローンでの空撮について

独特の浮遊感のある飛行でお馴染みのドローン。色々な産業での活用やダイナミックなドローンレースなどで人気が高いですが、その中でも利用されることが多いのが空撮利用です。そのため、多くの人がドローンを購入しています。しかし、どのようなポイントに気を付ければ良いのか分からない人も少なくありません。空撮でドローンを使用するときには、どんなポイントを見れば良いのでしょうか。

ローターはドローンを操縦する上で重要なパーツです。ローターが多ければ多いほど飛行が安定するため、映像が美しく残せると言われているのです。GPS機能があれば自動ホバリングが出来るため、安定した飛行が実現出来ます。空撮をする上ではカメラ機能は欠かせませんが、どのドローンにもついているというわけではないので気を付けましょう。その他、自動追尾機能や自動帰還機能などの便利な機能が搭載されているのかもチェックしておきましょう。

空撮は様々なシーンで利用されています。そのため、ドローン空撮の映像を観るときにはどのように撮影をしたのか想像することが求められます。また、200g以上のドローンは航空法の規制対象になるため、初心者のうちは屋外で飛ばすのは危険です。購入するときにも重量やバッテリー、値段などを選ぶポイントとして考えましょう。

今回は空撮のためのドローンについての記事を書かせていただきました。初心者にはややこしいドローン選びですが、この記事を読んで何かしらのヒントが浮かべば幸いです。是非最後までお読みください。何卒よろしくお願いします。


当サイト関連リンクはこちらより↓
ドローンレースや空撮にチャレンジしたい方は、操縦技術を学ぶことができるドローンの学校に行ってみるのも良いでしょう。こちらの学校はパイロット派遣会社との提携を組んでいるので、充実したサポートが受けられます ⇒ ドローン 学校

Menu