ドローン空撮に役立つ情報をお届けします。  

選ぶポイント

空撮用のドローンを購入するときには重量に気をつけましょう。200g以上を超えるドローンは航空法の規制対象になるだけでなく、屋外での撮影の持ち運びに不便です。そのため、気軽にドローンの空撮を楽しみたいという人は小型ドローンの方が取り回しが効くと言えるのです。しかし、本格的に空撮をする場合には大型ドローンでなければ満足出来る映像が撮れない可能性があるため、よく考えておきましょう。

また、バッテリーにも要注意です。ドローンの中には飛行させてわずか数分でバッテリー切れになってしまうものもあります。さらに、ドローン飛行は時間を忘れてしまう場合もあるため、バッテリー切れで墜落ということも珍しくありません。バッテリーの容量は事前に確認しておき、どの程度の飛行に耐えられるのかどうかを知る必要があります。また、予備のバッテリーを用意しておけば万が一の時にも対応出来ます。

また、値段ですが、大体50,000円くらいあれば十分なモデルを購入することが出来ます。安いものでは10,000万円から空撮が出来るドローンを購入することが出来るため、自分の予算に合ったドローンを購入することが大切です。しかし、備品が必要になることもあるため、予算には余裕を持っておくようにしましょう。

Menu