ドローン空撮に役立つ情報をお届けします。  

航空法について

航空法はドローンに関わる法律の筆頭として挙げられます。ドローンの中でもバッテリーを含めた機体の総重量が200gを超えるドローンに適応されるのが航空法です。航空法は「空港周辺の上空の空域」や「人口集中地区の上空」、「150m以上の高さの空域」は飛行禁止空域となっています。もしもこのような場所で飛行したいというときには空港事務所長か地方航空局長の許可を得る必要があるのです。

さらに、「夜間飛行」、「目視外飛行」、「人や物から30m未満の距離での飛行」、「危険物などの輸送」、「人が集まる催しの上空での飛行」、「物の投下」は規則によって禁じられています。これらの行為をどうしても行わなければいけないときには地方航空局長の承認が必要となるのです。航空法に違反してしまう行為はそれ以外にもあるため、国土交通省のホームページを参照してください。

200gを超えるドローンを操縦するときには航空法についての知識を持っておかなければいけません。飛行禁止空域や禁止されている行為などが定められているため、無闇やたらに飛行させてはいけません。初心者のうちに200g以上のドローンを屋外で飛行させるのは危険が伴うため気を付けましょう。

Menu