ドローン空撮に役立つ情報をお届けします。  

カメラ機能について

空撮をドローンでしたいのであればカメラ機能は外せません。ドローンの需要の中でも空撮は多くの需要を持っているため、最初からドローンにカメラが搭載されているものもあります。もちろん、搭載されていないうえに後付けも出来ないモデルもあるため、購入する際にはカメラに対してどのようなスタンスを持っているのかを厳しくチェックすることをおすすめします。

また、取り外し可能で後から好きなカメラを自分で付け替えられるものもあります。このようなドローンは最初は備え付けのもので撮影をして、自分の求める性能がはっきりしたらそちらのカメラに乗り換えるということが出来るのでおすすめです。漠然と空撮がしたいという気持ちを持っている人はこのようなタイプにしてみましょう。また、カメラの取り付ける部分は「ジンバル」と呼ばれているため、覚えておくと良いでしょう。

また、カメラの性能は720p対応〜1080p対応と言ったように解像度や画素数に違いがあります。一般的に画素数や解像度が高いモデルの方が値段が高くなります。空撮映像はやはり美しく納めたいものなので、自分の予算の許す範囲で高級なモデルにしてみると良いでしょう。画質は撮影の命です。こだわっておいて損はありません。

Menu